英語多読をするならKindle(キンドル)で洋書を買ったほうがいい5マイナス1の理由

Kindle Cloud ReaderやkindleアプリでスマホでもタブレットでもPCでも洋書が読める!

kindleストアなら洋書が少し安く買える

kindleに限らずですが、電子書籍のほうが、印刷物より少し安いものが多いです。
実際に比較するのがわかりやすいのでいくつかひろってリストにしてみました。

2015年1月29日現在調べです

印刷費がかかりませんから!当然です。紙の洋書よりすこしずつお安くなっているkindle版


I Can Read!2 / The Jake Series
The Jake Series The Jake Seriesから全6冊を一挙に比較
Jake's New Friend (I Can Read! / The Jake Series)
kindle版   :¥90
ペーパーバック:¥599
Jake Helps Out (I Can Read! / The Jake Series)
kindle版   :¥90
ペーパーバック:¥577
Jake Goes Fishing (I Can Read! / The Jake Series)
kindle版   :¥90
ペーパーバック:¥510
Jake Plays Ball (I Can Read! / The Jake Series)
kindle版   :¥150
ペーパーバック:¥599
Jake's Brave Night (I Can Read! / The Jake Series)
kindle版   :¥90
ペーパーバック:¥511
Jake Learns to Share (I Can Read! / The Jake Series)
kindle版   :¥150
ペーパーバック:¥599
価格差75%〜85%kindleしか選択肢はないほどの安さです。
I Can Read! / The Jake Series
Frog and Toad Are Friends (I Can Read 2)
Frog and Toad Are Friends 日本語にも翻訳されているArnold Lobelの超メジャー作品。
kindle版   :¥417
ペーパーバック:¥439
価格差5%・・・微妙。。。価格設定だ
Frog and Toad Are Friends(I Can Read 2)
Frog and Toad All Year (I Can Read Book 2)
Frog and Toad All Year (I Can Read Book 2) もう一本同じシリーズから
kindle版   :¥417
ペーパーバック:¥484
価格差14%くらい。これくらいの安さ感?お得感はほしいです。
Nate the Great
Nate the Great こちらもかなり有名なシリーズ。ぼくはいめいたんていシリーズとして日本語版も発売されてます。
kindle版   :¥476
ペーパーバック:¥762
価格差38%くらい。これはかなりお得ですね。kindleさん。
Nate the Great
Help! Level 1 (Cambridge English Readers)
Help Cambridge English Readers、タドキストならこのシリーズから一冊は必ず読んでいると思われる超有名なGraded Readers(グレイデッド・リーダーズ)。
そのなかでも人気のある作品です。
kindle版   :¥569
ペーパーバック:¥664
価格差14%くらい。そうそうこれくらいが感覚としては標準。
Help! Level 1(Cambridge English Readers)

洋書のよって価格帯はさまざまですが、印刷物よりkindle版のほうが値段が安いものがおおいです。 たまにセールをやっていることも魅力の1つです。あと、かなり値段の動きが激しいです。しょっちゅう値段が変わってる印象を受けました。

印刷物も電子書籍も価格が変わらないものもあれば、紙の中古のほうが電子書籍より安い場合ももちろんあります。たまに1円で販売されている洋書とか見ますので、中古と電子書籍を使い分けるというのもいいのかもしれません。


どこにいてもスマホと60秒あれば洋書が読める

スマートフォンを使っているみなさま、みなさまは普段スマートフォンをどこにおいていますか?
朝起きて、枕元からスマートフォンを取り出し、スマートフォンを片手に歯を磨き、朝ごはんの時も片手にスマートフォン、歩いているときはポケットの中、電車に乗ればスマートフォン、仕事中デスクにいるときもつねにそばで充電、寝る時も充電しながら枕元。
情報を提供し続けたり、音楽を流したり、ゲーム機になったりとつねにぼくたちのそばで役にたってくれていますね。
大半の人にとって、もっとも身近な存在といってもよいのではないでしょうか。

そんないつでも身近にいるスマートフォンの中に洋書が入っているんです。
先ほどのを例に取れば、洋書を片手に歯を磨き、朝ごはんの時も片手に洋書、電車に乗れば洋書、寝る前にも洋書。
とかなり多読にあてることのできる時間が増えます。このうちの何割かを当てればいいわけですから。
しかも洋書の場合にはカバンに入れ忘れたらその日家にカエルまで洋書を読むことはできません。スマホを忘れてもそうかもしれませんが。
でも、かなり違うのが洋書を忘れる割合とスマホを忘れる割合。この差はダンチ、段違いです。スマホを忘れて外出するほうが圧倒的に少ないのです、これもスマホの良いところです。

スマホでKindleを使うにはアプリをインストールする必要があります。
iOS端末用のKindleアプリ
Android端末用のKindleアプリ



PAGE TOP▲