Cambridge English Readers(Level1)シリーズの中でも群を抜く愚か者!

Cambridge English Readers(Level1)シリーズの紹介も今回で4冊目。次回あたりいよいよ「Inspector Logan」を紹介してもよいかと思っています。

さて「JUST LIKE A MOVIE」。表紙・タイトルからしててっきり恋愛モノかと思っていましたが・・・。前回Cambridge English Readers(Level1)3作目で紹介した「Next Door to Love」で恋愛モノの味をしめ、期待も高まりますが・・・。

関連記事:
Cambridge English Readers(Level1)3作目は「Next Door to Love」英語で恋のお味を初体験

Cambridge English Readers(Level1)シリーズでどうしようもない男といえば夢オチとして印象的な作品「Help!」の主人公でしたが・・・。本作の主人公の愚かさといったら、もうどうしようもない感じに仕上がっています。作品としては、サスペンス調で続きが気になり一気に読めてしまいます。

おすすめキンドル洋書「Just Like a Movie」Level 1 (Cambridge English Readers)

【あらすじなど】
主人公は、Brad Blackという何でも屋さん。映画が大好きな彼にはGinaという恋人がいます。彼女と知り合ったのも映画館。ちなみにそのとき2人がみた映画は「Forrest Gump」。

ふたりはお互いに愛し合い結婚を誓う仲にまでなります、普通に考えると幸せなはずなのですが・・・。Blackは、Ginaと結婚して生活をしていくためにどうしてもお金が必要だと考えています。Ginaはもちろん貧しくてもふたりでいれば幸せに暮らしていけるとBlackにも話します。

しかし、いまふたりが住んでいる地域は貧しい人たちが暮らしている地域で、ふたりも貧しく、Ginaには病気のお母さんまでいます。
Blackは贅沢もしたいし、お金がどうしても必要と考え、ふとした機会にあるアイディアを思いつき実行に移していきます。

彼のアイディアは映画のようにうまくいくか!

読んでいて途中嫌な気にもなりますが、最後はコメディっぽくハッピーエンドです。

■スペック
読みやすさレベル(YL):1.4(平均)
※YLは、SSS書評検索システムより
シリーズ:Cambridge English Readers
総語数:約3,900語
価格:576円(キンドル)
※2015年3月27日現在Amazonでの販売価格
Text-to-Speech:有効