Cambridge English Readers(Level1)「Help!」

Cambridge English Readers level1では最も評価の高い洋書

初めてのCambridge English Readers(Level1)は「Parallel」でも紹介したとおり、Cambridge English Readersは読みやすさレベル2への架け橋になりますので、数冊は紹介していく予定です。

関連記事:初めてのCambridge English Readersは Level1の「Parallel」

2回目になる今回紹介するのが、このCambridge English Readers level1では「Inspector Logan」と双璧をなす「Help!」。Amazonレビューでの評価も高い本作は、評判通り安心して読め、まずまず面白いです。

少々ネタバレですが個人的に印象的だったのは夢オチ。物語の内容よりも夢オチの物語を英語で読んだという体験こそが新鮮で印象的でした。

これでわたしにとって夢オチといえば、この2作品。
はじめて夢オチを体験させてくれた「ハイスクール奇面組」
面白いなと思ったのは古典落語「心眼」

そして今回それらと並んだのが、英語で夢オチを味あわせてくれた本作「Help!」。英語で夢オチを体験できるなんて多読をしていなければ一生なかっただろうと思います。

わたしのなかの夢オチ三部作として、長く記憶に残るであろう作品のひとつになりました。

おすすめキンドル洋書「Help!」(Cambridge English Readers Level1)

【あらすじなど】
主人公の男は作家ということらしいのだが、一冊の本も書き終えることなく、ただぶらぶらと日々を過ごす。そんなだらしのない男にも彼女がいます。しかも彼女は弁護士、そのうえ相当美人と書いてあります。ウラヤマシイヤツめ。
ある朝、いつもどおりだらしない主人公をみて、彼女は不機嫌。ベッドに戻る気じゃないでしょうね!!とか仕事をしなさい!とか主人公に小言をいったあと仕事にでかけます。コノグウタラめ。

彼女が出かけたあと、結局主人公は寝てしまうのですが・・・。そこへ、郵便配達人がやってきて一通の手紙を主人公に渡します。

その手紙の差出人は、Mega Monster Movie Corporationという映画会社の弁護士。
手紙は、彼女が2年前に映画会社に送った主人公の未完の作品の前半部分、それへの返事でした。しかも良い返事。
内容はMega Monster Movie Corporationが主人公の未完の本を映画の原作にしたいと。。。そこから物語は意外な展開に。

どうして?どうしようもない男ほど愛されるのか?彼女の愛に脱帽です。

■スペック
 読みやすさレベル(YL):1.4
 ※YLは、SSS書評検索システムより
 シリーズ:Cambridge English Readers
 総語数:約4,570語
 価格:583円(キンドル)
 ※2015年3月17日現在Amazonでの販売価格
 Text-to-Speech:有効