読みやさすレベル(YL)2への架け橋 Cambridge English Readers(ケンブリッジ・イングリッシュ・リーダーズ) Level1

いよいよ読みやさすレベル(YL)2への架け橋Cambridge English Readers Level1

「いっぱい読めばしっかり身につく 今日から読みます 英語100万語!」ではCambridge English Readers Level1に読みなれたら、つぎはいよいよOxford Bookworms Library(OBW)の400 Headwordsに進むように書かれています。

Oxford Bookworms Library(OBW)の400 Headwordsの読みやさすレベル(YL)は2代(2〜2.2)。そうです、Cambridge English Readers Level1を超えるといよいよ読みやさすレベル(YL)2に突入します。少しドキドキします。

「いっぱい読めばしっかり身につく 今日から読みます 英語100万語!」で紹介されているYL2までの道のりをGRでみてみるとこうなります。

PENGUIN READERS EASY STARTERS →PENGUIN READERS1(「The CROWN」) →Cambridge English Readers Level1 →Oxford Bookworms Library(OBW)400 Headwords=YL2

ですからCambridge English Readers Level1はそこへの架け橋となるシリーズでもあります。

Cambridge English Readers level1(ケンブリッジ1)にすすむ前の腕試し?的な洋書「The CROWN」を紹介してから、すぐにCambridge English Readersを紹介せずに、大好きなMacmillan Readers(マクミランリーダーズ)Beginner(Level 2)を紹介してきました。が、これからいよいよCambridge English Readers Level1の洋書を紹介していきます。

関連記事:たった300の語彙で紡ぐホラー「The CROWN」

Cambridge English Readersの語彙数や難易度など

    Cambridge English Readers
  • Starter
  • ・語彙数:250 ・総語数:約2,000
  • ・CEFR:-A1
  • ・読みやすさレベル(YL):1.2
  • Level 1
  • ・語彙数:400 ・総語数:約4,000
  • ・CEFR:A1
  • ・読みやすさレベル(YL):1.4-1.6
  • Level 2
  • ・語彙数:800 ・総語数:約10,000
  • ・CEFR:A2
  • ・読みやすさレベル(YL):2.6-2.8
  • Level 3
  • ・語彙数:1,300 ・総語数:約15,000
  • ・CEFR:B1
  • ・読みやすさレベル(YL):3.6-3.8
  • Level 4
  • ・語彙数:1,900 ・総語数:約20,000
  • ・CEFR:B1
  • ・読みやすさレベル(YL):4.5-5.0
  • Level 5
  • ・語彙数:2,800 ・総語数:約25,000
  • ・CEFR:B2
  • ・読みやすさレベル(YL):5.5-6.0
  • Level 6
  • ・語彙数:3,800 ・総語数:約30,000
  • ・CEFR:C1
  • ・読みやすさレベル(YL):6.0-6.5

参照:
Cambridge University Press / Cambridge English Readers
SSS公式サイト SSS推薦・多読用基本洋書のご紹介

*CEFRとは
Common European Framework of Reference for Languagesの略。
語学のコミュニケーション能力を7段階にわけて示す国際標準規格。
A0(1番簡単)からはじまってA1→A2→B1→B2→C1→C2(一番難しい)
日常の簡単なやり取りができるのがA2

初めてのCambridge English Readers Level1。どの洋書を紹介しようか少し迷いました。理由はCambridge English Readers Level1は一般的に評価が高いのですが、わたしにはあわないものも多く、面白いものとそうでないものがはっきりわかれるような気がするからです。Level1だからかもしれませんが、評価の割に面白いものはそう多くない印象です。
このシリーズはオリジナルばかりですが、むしろ割り切ってリトールドの作品があるほうが、原作がしかっりしているので安心して読める気がしないでもないです。

おそらくシリーズ中もっとも評判の高いのがHelp! Level 1 (Cambridge English Readers)でしょうか。
もちろんHelp!も紹介していきますが、わたしが面白いと思った洋書のなかで最初のCambridge English Readers Level1として選んだのが「Parallel」 です。「The CROWN」を読んだそのままのいきおいで読めそうなところもよい点です。読みやさすさレベル(YL)も1.4(平均)と高くなく、総語数は約4,100語あります。ちなみに「The CROWN」が読みやすさレベル(YL)1.1(平均)で総語数が約3,900語ですから、ほんのすこしステップアップした感じだと思います。

Cambridge English Readers(Level 1)の洋書



PAGE TOP▲