「THE CAT IN THE HOUSE」有名な絵本作家Dr. Seussが描く有名な絵本です。「母音の1つしかない言葉を使っている」とあるようにこれは口にだしたり、音声を聞いても楽しめそうな作品ではないか?と思わせる作品です。

the cat in the hat

はずかしながら私は知りませんでしたが、有名な絵本作家Dr. Seussが描く有名な絵本です。

「THE CAT IN THE HOUSE」もそうですが有名無名に関わらず児童書を面白いと感じれられるかどうかは、ひとそれぞれでしょう。簡単な児童書を読む場合にはどれも、ある程度おおらかな気持ちでよまないと難しいのかもしれません。わたしの場合、子供ができて子供に本を読むようになって初めて、大人が児童書を読んでも面白いもんだなと思えるようになった気もします。自分の経験では、幼少期をすぎてしまうと児童書なんてものにはまったく興味がなくなってしまうものですから。

話は脱線してしまいましたが「THE CAT IN THE HOUSE」、「ハットしてキャット スペシャル・エディション [DVD]」というタイトルで映画にもなっているメジャーな作品。

Amazonの商品説明はこちらです。

博士があえてシンプルで母音の1つしかない言葉を使っているのは、その効果がわかっているからだ。最初から最後まで笑いながら、聞いて、覚えて、そして読んでほしい。『The Cat in The Hat』(邦題『キャット イン ザ ハット』)は、子どもの本棚にぜひ置いておきたい1冊なのである。

「母音の1つしかない言葉を使っている」とあるようにこれは口にだしたり、音声を聞いても楽しめそうな作品ではないか?と思わせる作品です。だのに、だのにText-to-Speech(テキスト読み上げ機能)が有効ではありません。どうして電子書籍で販売するのに音声を有効にしなかったのか。。

この本に関してはiOS向けのアプリのほうが良いでしょう。価格も480円と現時点(2015年4月20日)ではKindle版よりやすめです。無料サンプルをおとしてみましたが、音声も聞けますし、アプリとしての仕掛けもなかなかよさそうでした。Kindle版を買う前に知っていれば絶対にこっちを買ってたのに残念です。
iOS版アプリ「THE CAT IN THE HOUSE – SAMPLE」

YouTubeに音声がきけるものがあるので、こちらもリンクしておきます。
http://youtu.be/sLNOVx8m8iQ

おすすめキンドル洋書よりアプリ?「THE CAT IN THE HOUSE」


【あらすじなど】
お母さんがでかけてしまい、お留守番のふたりの兄弟。外は雨、つまらなそうにおうちで座っています。そこへ一匹のヘンテコな猫が勝手に家に入ってきて・・・。

子供たちを楽しませているのか?自分が楽しんでいるだけなのか?とにかくめちゃくちゃなTHE CAT IN THE HAT。

家でかっているfishが兄弟にTHE CAT IN THE HATを追い出すようにいいますが、THE CAT IN THE HATはまったくおかまいなし!

■スペック
読みやすさレベル(YL):1.6(平均)
※YLは、SSS書評検索システムより
シリーズ:Beginner Books(R)
総語数:約1,550語
価格:811円(キンドル)
※2015年4月20日現在Amazonでの販売価格
Text-to-Speech:無効

iOS版アプリ「THE CAT IN THE HOUSE」