以前に実施したアンケートで評判のよかった教材の紹介です。
「ハートで感じる英文法」や「1億人の英文法」といった従来の英語教育とは異なる新しいアプローチで知られる著者の信頼できる1冊です。
ネイティブスピーカーの英文法―英語の感覚が身につく

「ネイティブスピーカーの英文法―英語の感覚が身につく」の全体観

英語を母国語とする人が使う感覚で、前置詞の使い方を身につけられるように書かれた本です。この1冊で前置詞に関する知識が格段に上がります。

ただ読むだけではなく、その前置詞を使って文章を書いたり声に出したりと文章を作る反復練習をします。その努力をすれば、ある程度自然に英作文や英会話で正しい前置詞を選べるようになります。

丸暗記ではない

頻出の前置詞はこの1冊でほとんどマスターできます。今までは熟語として他の単語と一緒に丸暗記していた人も「この単語の前にはこの前置詞だな」と瞬間的に分かるようになります。それが本の主旨の通り、感覚で使える前置詞と言う意味だと思います。

私たちが日本語を使用して書いたり喋ったりする際に、て、に、を、は、を強く意識をしないのと全く一緒で、前置詞を理解できると英語が自然に使えるようになります。英文作成や英会話の際に考える時間が少なくなり以前よりも素早い対応ができるようになります。

どこまで使い込めるか

頻繁に使用される前置詞に関してはイラスト付きで丁寧に解説してあり、イメージもつかみ易いです。
一方で頻繁に使うことがない前置詞に関しては少し不親切な解説かなと思う部分があります。繰り返し読み、その前置詞を用いた文章を作っているうちに適切に使えるようになってきます。実際、そこまで頑張れるかどうかでも、この本の価値は変わるでしょう。

わたしの使い方とオススメしたい人

頻出で迷いがちな前置詞、on、in、to、atなどの部分を学習したら、簡単な英作文で何度もその前置詞たちを使い分けることです。英語でのやり取りをする際に、前置詞1つで全く意味が変わったり、相手に的確な意味が伝わらなかった経験がある、そんな人には、前置詞をやり直すのための1冊としても利用できます。もちろん前置詞の正しい使い方を覚えるのは基礎中の基礎で、英語では必須と言われています。英語の基礎を学んでいる人から学び直す人まで、この本で学んだ前置詞を使って書く・声にだす、繰り返すことで、英語の基礎力、作文力が身につくと思います。