マジタン 〜ほぼエブリデイマジタン日記〜 制約と誓約

「最後の英単語学習!マジタン」にであったのは、もうずいぶん前のこと。
価格も手頃だし、レビューでの評価も良かったので即買いしたのを覚えています。が、かろうじて英語多読を続けている自分ですから、購入して満足するタイプのようで、マジタンもず〜っとiPodの肥やし?倉庫番?になっていました。

毎日、倉庫の番をしている魔法陣のアイコン(マジタンのアイコンです)をみていると、なんだか魔法にかかったようです。やらなければ!という気になったのが1週間ほど前のこと。やらなければと毎日思い1週間がたち、私はある決断をしました。

このままでは、やらないな!と気づいた自分。
やらないというはの最もよくない。でもやるんなら、長く続かないにしても、1日でも多く続けたい。
その為には、何かが必要なのです。
それは「制約と誓約」、この言葉だけでテンションが幾分か上がります。

制約

制約、Google先生によると・・・このような意味があります。

ある条件を課して、自由にはさせないこと。その物事のために必要な条件。 

制約それは、自分とのcommitmentと言えるかもしれせん。
まずは、マジタンを継続するため、おのれに課すルールを決めることに。
ひとつは、マジタンをやったら記録すること。
英語多読を続けている理由の一つに本サイトの存在があることは否めません。
だから、ここでマジタンを修行したら、ここに書くということを一つのルールとしました。

そして、もう一つのルールがこれ!
「毎日やる!」
 ↓
これはむりだ。もう少し現実的に。
 ↓
「ほぼ毎日やる!」
 ↓
これだと曖昧だな!もっと具体的でなければ
 ↓
「やれる日には、ほぼ毎日やる」
これは、いい、つまり やれない日にはやらなくて良い。
そして、やれる日だって毎日やらないといけないわけではない。
これは、具体的だし、とてもいい!

ということで、制約はこのふたつにしました。
・「マジタンをやったら記録する」
・「やれる日には、ほぼ毎日やる」

誓約

つぎに自分の念能力をさらに向上させるためにさらなる重荷を課します!
それが誓約。Google先生によると・・・

必ず守ると約束すること。またその約束。

つまり、誓約とは守ることなのです。
守ることを担保するため誓約には上の制約を守れなかった場合、何を差し出すのかというペナルティを決めなければなりません。もちろんこのペナルティが厳しければ厳しいほど、わたしの念能力は向上することになります。

厳しいペナルティ・・・を課すことにしました。
それは、ルールを守れなかった場合、私は念応力(=マジタン)を失う。

ということで、次回から念応力(=マジタン)の修行をしていきます!

最後の英語学習 マジタン