2015年最新アマゾンタブレットFire

「Fire」と「英語多読」の素晴らしい相性について!

多読に役立つFireの機能を紹介

2012年から3年間、「Fire」の進化が多読にどれだけの恩恵をもたらすのか!を私視点で紹介します。
Word Runnerなど「Fire」の多読に役立つ機能をチェック!

最後の英単語学習!マジタン

最後の英単語学習!マジタン

ほぼエブリデイマジタン日記

マジタンを継続して学習するための制約と誓約を。ということでやれるときにのほぼ毎日、日記を書くことに
最後の英単語学習!マジタン

Macmillan Readers(マクミランリーダーズ)トップ

多読に超おすすめの洋書シリーズといえば

Macmillan Readers(マクミランリーダーズ)です。

各レベルの文法の内容、SSSによるYL、総語数の目安のまとめ。
レベルがチェックができるWEBサービス。
洋書レビューページなどなど。
Macmillan Readers

洋書を読むならkindle

英語多読をするならKindleがベストな理由

Kindle Cloud ReaderやkindleアプリでスマホでもタブレットでもPCでも洋書が読める!だけじゃない。

辞書も簡単にひけるし、少しだけど値段もやすいし、どこでも読めるけど、場所はとらないし、メリットもたくさん。
Kindleがベストな理由

読みやすさレベル0代総語数30000語、洋書49冊をタイムラインで一気に紹介

100万語英語多読への道

最初の3万語(49冊)洋書をタイムライン風に紹介!

読みやすさレベル(YL)0代の洋書を30,000語ほど読んだらYL1にレベルアップします。まずは最初の最初、読みやすさレベル(YL)0の洋書全49冊を紹介します。レビューへのリンクもありますので、気になる洋書があればレビューを見てください。
YL0台の49冊を紹介

読みやすさレベル1台の洋書を紹介

100万語英語多読への道

現在進行中!読みやすさレベル1台の洋書を紹介!

予定としては読みやすさレベル(YL)1代の洋書を100,000語ほど読んだらYL2にへ。YL0代の洋書と比べて、読み応えのあるものがふえてきます。中でもリトールドの作品は原作がしっかりしているのでおすすめです。現在進行中、随時追加していきます。
YL1台の洋書を紹介

洋書を読むならkindle

はずれなし?すべらない英語多読用の洋書LLL Award

The Extensive Reading Foundation (ERF)が創設した多読洋書の文学賞がLLL Award(Language Learner Literature Award)。前年度に出版されたGR= graded readersから選ばれる、まさにタドキストたちのための文学賞。


LLL Award受賞作


英語多読ロードマップ

100万語多読をはじめる

ロードマップ

最初は何から読む? どの難易度の洋書を読む?どれくらい読めばレベルをあげられるの?

英語多読を続けるコツ

英語多読を続ける10のコツ

志は高く、ハードルは低く

わたしと同じように英語多読さえ続かない、そんな人むけの英語多読を続けるコツを紹介します。

英語多読の効果

英語多読の効果とその根拠

「多読マジでいい!」と思える根拠をいろんなところから探してきて、いいことばかりを紹介してます。

読みやすさレベル別におすすめの洋書を紹介

Kindleを中心に英語多読用のおすすめ洋書を紹介します。簡単な洋書から読み初めて少しずつレベルを上げていくのが英語多読です。どんな洋書を選ぶかも大切です。

せっかく多読するのですから読んで面白い洋書が一番かもしれません。またお買い得情報などもあれば役に立つでしょう。あまり知られていないマイナーな初心者向けの洋書なども紹介していきます。

情報としては、タイトル・難易度の目安となる読みやさすレベル・総語数なども洋書選びや読んだ本の記録にも役立つ情報を含むようにしてあります。

Continue Reading


PAGE TOP▲